「抜け」「伸び」2タイプに分類される妖怪『ろくろ首』は、実は病気が元ネタ?!

2016年9月29日追記

こちらの記事は、

2016-09-29-k2

2016-09-29-k

 http://megalodon.jp/2016-0929-1506-09/blogs.yahoo.co.jp/yamatotakeru542/15219414.html-パクリサイト魚拓

※パクリサイトのアクセスに協力する義理はないので、サイトタイトルのテキストは画像、URLは魚拓です。

ワードプレスのプラグイン「Check Copy Contents(CCC)」のおかげで、「以下の本文がコピーされたようです。」というお知らせメールが来るのですが、IP調べたらびっくりするような場所でした。

まあ、IPアドレスなんて大体にも程があるとは思いますが、固定IPなの?という感じである建物にピンが刺さっていたので、もしかしたらもしかするかもしれません。

と言うか別のチェックツールでも確認したら、「抜け」「伸び」2タイプに分類される妖怪『ろくろ首』は、実は病気が元ネタ?! をAguseでチェックしたら、キーワードとタグに「練習用」とありました;パクリの練習ですか?

ちょ、練習用ってなんでしょう? 記事のパクリ方の練習ですか?(;´▽`)

昼休みに知ったので、これから本格的な対処を開始して、追加情報ありましたら記事にいたしますね。

 

オリジナルの記事はこちらになります。↓


くつキッチュ!SCRAPス アイコン ホラー、オカルト、不思議系カテゴリへ くつキッチュ!SCRAPス アイコン neta(ネタ全般)カテゴリへ

とある事情で、最近「妖怪」に関する情報を集めていたのですが、その際Wikipediaにて『ろくろ首』に関する面白い小ネタを発見致しました。

『ろくろ首』は妖怪ではなく、病気の一種だったというものです。

ShokokuHyaku_Rokurokubi Wikipediaパブリック・ドメイン 妖怪ろくろ首は『体感幻覚』という病気だった?ShokokuHyaku_Rokurokubi Wikipediaパブリック・ドメイン

 というわけで本日は、基本的にくつキッチュ!アイコン wikipediaWikipediaのろくろ首を参考にさせていただき、イラスト付きで妖怪『ろくろ首』をまとめてみました。

 

妖怪『ろくろ首』とは?

日本の妖怪の代表選手『ろくろ首』を知らない方はいないかと思います。

一見普通の人間のようなのに、首がモチのようににゅるんと伸びるアレです。

Wikipedia葛飾北斎『北斎漫画』より「轆轤首」Hokusai_rokurokubi This work is in the public domain 妖怪ウォッチのともだち妖怪カード目当てに『小学一年生』をポチる 2ポチリ目

この『ろくろ首』、名前の由来は、長く伸びた首の見た目がろくろで伸ばした陶器の感触に似ていることや、井戸のろくろ(滑車の部分)や傘のろくろ(傘の開閉の仕掛け部分)に似ているなど様々な説があります。

が、やはりいちばんしっくりくるのは一番目の説のこれ↓

Potter's Hands

やわらかさといい、すべすべ具合といいい、にゅるんと伸びた女性の細い首のイメージにピッタリです。

 

2タイプの 『ろくろ首』

ところで『ろくろ首』にはこのような首が伸びるタイプと、首だけが彷徨う抜けタイプ(抜け首)の2タイプがあります。

妖怪ろくろ首は『体感幻覚』という病気だった? 妖怪『ろくろ首』タイプ分類之図 抜けタイプ、伸びタイプ

抜けタイプ(抜け首)の特徴

妖怪ろくろ首は『体感幻覚』という病気だった? 『抜け首タイプのろくろ首』

こちらの首が抜けるものの方が、ろくろ首の原型とされている[7]。このタイプのろくろ首は、夜間に人間などを襲い、血を吸うなどの悪さをするとされる。首が抜ける系統のろくろ首は、寝ている(首だけが飛び回っている)ときに、本体を移動すると元に戻らなくなることが弱点との説もある[8]

くつキッチュ!アイコン wikipediaWikipediaろくろ首 抜け首

平将門の首の怨霊などもこの抜けタイプかと思われますし、『抜けタイプのろくろ首』は意外と凶悪な性質を持っているようです。

『抜け首タイプ』の特徴を図にしてみました↓
妖怪ろくろ首は『体感幻覚』という病気だった? 意外と凶悪な『抜け首タイプのろくろ首』1

妖怪ろくろ首は『体感幻覚』という病気だった? 意外と凶悪な『抜け首タイプのろくろ首』2

妖怪ろくろ首は『体感幻覚』という病気だった? 意外と凶悪な『抜け首タイプのろくろ首』3凶悪そうな割に、本体を移動すると首が戻れなくなるとか、このマヌケな感じが憎めません

『抜け首タイプのろくろ首』が登場する文献

抜けタイプが登場する物語 作者 詳細
曾呂利物語 曾呂利新左衛門
(そろり・しんざえもん)
女性の魂が睡眠中に抜け出す
諸国百物語 著者、編者ともに不詳 女性の魂が睡眠中に抜け出す⇒この女は罪業を恥じて夫に暇を乞い、髪をおろして往生を遂げたという
北窻瑣談 橘春暉 寛政元年に越前国(現・福井県)のある家に務めている下女が、眠っている間に枕元に首だけが枕元を転がって動いていた話を挙げ、実際に首だけが胴を離れるわけはなく、魂が体を離れて首の形を形作っていると説明している[10]
古今百物語評判  山岡元隣 吉野山の奥地にある「轆轤首村」の住人は皆ろくろ首であり、子供の頃から首巻きを付けており、首巻きを取り去ると首の周りに筋があると記述されている[12]
甲子夜話(続編) 松浦静山 常陸国である女性が難病に冒され、夫が行商人から「白犬の肝が特効薬になる」と聞いて、飼い犬を殺して肝を服用させると、妻は元気になったが、後に生まれた女児はろくろ首となり、あるときに首が抜け出て宙を舞っていたところ、どこからか白い犬が現れ、首は噛み殺されて死んでしまったという[13]
蕉斎筆記 平賀蕉斎 ある寺の住職が夜寝ていると、胸の辺りに人の頭がやって来たので、それを手にして投げつけると、どこかへ行ってしまった。
耳嚢 根岸鎮衛 ろくろ首の噂のたてられている女性が結婚したが、結局は噂は噂に過ぎず、後に仲睦まじい夫婦生活を送ったという話がある。
和漢三才図会 寺島良安 「飛頭蛮」の表記をあて、耳を翼のように使って空を飛び、虫を食べるものとしているが、中国や日本における飛頭蛮は単なる異人に過ぎないとも述べている[15]
怪談 小泉八雲 もとは都人(みやこびと)で今は深山で木こりをしている一族、と見せかけて旅人を食い殺す

参考:くつキッチュ!アイコン wikipediaWikipedia 首が抜けるろくろ首(抜け首) ※クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植ライセンスの下で利用可能です

 

 

伸びタイプの特徴

妖怪ろくろ首は『体感幻覚』という病気だった? 『伸び首タイプのろくろ首』

『ろくろ首』と聞いて一般的にイメージされるのはこちらの『伸びタイプのろくろ首』かと思います。
『伸びタイプのろくろ首』は、実際の病気が元になっているものや、魂(エクトプラズム)が体から抜け出たとされるものなど、抜け首タイプに比べてかなりおとなしめです。

『伸びタイプのろくろ首』が登場する文献

抜けタイプが登場する物語 作者 詳細
武野俗談 馬場 文耕
閑田耕筆 伴蒿蹊
(ばんこうけい)
夜窓鬼談 石川鴻斎
甲子夜話  山岡元隣 ある女中がろくろ首と疑われ、女中の主が彼女の寝ている様子を確かめたところ、胸のあたりから次第に水蒸気のようなものが立ち昇り、それが濃くなるとともに頭部が消え、見る間に首が伸び上がった姿となった。
列国怪談聞書帖 十返舎一九 遠州で回信という僧が、およつという女と駆け落ちしたが、およつが病に倒れた上に旅の資金が尽きたために彼女を殺した。後に回信は還俗し、泊まった宿の娘と惹かれ合って枕をともにしたところ、娘の首が伸びて顔がおよつと化し、怨みつらみを述べた。
閑田耕筆 伴蒿蹊 新吉原のある芸者の首が寝ている間に伸びたという話を挙げ、眠ることで心が緩むと首が伸びる体質だろうと述べている[19]
口承 岐阜県明智町と岩村の間の旧街道 ヘビが化けたろくろ首が現れたといわれている[20]
口承 長野県飯田市の越久保 人家にろくろ首が現れるといわれた[21]
口承 明治初期に大阪府茨木市柴屋町の商家 夫婦が、娘の首が夜な夜な伸びる場面を目撃し、神仏にすがったが効果はなく、やがて町内の人々にも知られることとなり、いたたまれなくなってその地を転出し、消息を絶ったという[22]

参考:くつキッチュ!アイコン wikipedia首が伸びるろくろ首

 

 

妖怪『ろくろ首』は、実は病気が元ネタ?!

このように妖怪として語り継がれてきた『ろくろ首』ですが、『妖怪としてのろくろ首』を否定する説は昔からあったようです。

妖怪じゃなくて実は心霊説

『甲子夜話』と、前述の『北窻瑣談』で体外に出た魂が首の形になったという話は、心霊科学でいうところのエクトプラズムが体外に出て視覚化・実体化したもの)に類するものとの解釈もある[18]

SSによってイラストアイコンSS 妖怪の存在を否定している代わりに心霊現象を肯定してるところがなんとも……

SSによってアイコン92イラスト 夢があっていいじゃないですか;;

 

妖怪じゃなくて実は病気説

信憑性がある説がこちら。

片頭痛発作に稀に合併する体感幻覚 ※体が不思議の国のアリス症候のように体が伸縮するよう感じられる症状

ナルコレプシーに良く合併する入眠時幻覚

こういった症状が『ろくろ首』として、勘違いされていたというもの。

参考:くつキッチュ!アイコン wikipediaWikipedia ろくろ首 ろくろ首「実話」の信憑性

 また、こちらは創作ではありますが、『妖怪ろくろ首』を現実の存在としてリアルに描写しています。

夢野久作の小説『ドグラ・マグラ』においては、登場人物の正木博士が「ロクロ首の怪談は、夢中遊行(睡眠時遊行症)状態の人間が夜間、無意識のうちに喉の渇きを癒すために何らかの液体を飲み、その跡を翌朝見つけた人間がそれをロクロ首の仕業であるとした所から生まれたものである」という説を立てている。

くつキッチュ!アイコン wikipediaWikipedia ろくろ首 ろくろ首「実話」の信憑性

SSによってイラストアイコンSS 他にも

酷使された末に腺病質となって痩せ衰えた遊女が、夜に灯油を嘗めている姿の影が首の長い人間に見え、ろくろ首の話のもとになったとする説もある[13]

なんてのもあるし、妖怪や幽霊を現実的に解釈するのがネタになった話も多そう。

SSによってアイコン92イラスト 実際の病気が元になって誕生した妖怪も居るでしょうし、事実は小説より奇なりってことですかね。

 

というわけで、本日は偶然発見した『ろくろ首』の面白小ネタをイラスト付きでまとめてみました。

吸血鬼や、河童、天狗なども面白そうな元ネタがありそうですので、機会があったらまた同じ方式でまとめてみたいと思います。

でっは~ノシ♪

妖怪ろくろ首は『体感幻覚』という病気だった? 『伸び首タイプのろくろ首(くつき)』

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ろくろ首考 [ 武村政春 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/9/1時点)

 

 

—-内容証明—-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr

関連記事

分子ガストロノミー2 Beaker by hyku, on Flickr

「まるでCSI?」クールでキッチュな『分子ガストロノミー』という美食学 Part2

   分子ガストロノミー~復習編~ Beaker by hyku, on Flickr  本日

記事を読む

Q&A by opensource.com, on Flickr そんなに良くある感じじゃない質問(検索ワード)への回答 第二弾

そんなに良くある感じじゃない質問(検索ワード)への回答 第二弾

検索キーワードで(個人的にツボに入ったという意味での)ヒットしたもの、及び当サイトでは該当す

記事を読む

LEGO ニンジャゴー と特急グリーンのキメラ

甥っ子がアホな小ネタを日々提供してくれて大助かりな件

突然ですが甥っ子がアホです(笑) 姪っ子はいまやツッコミ役 いえ姪っ子は姪っ子で

記事を読む

flickr-3400039523-original_mini くつキッチュ/スクラップス!『キャプテンキッドが財宝を隠したってマジですか?吐噶喇(トカラ)列島宝島の話 』アイキャッチ画像

キャプテンキッドが財宝を隠した?鹿児島県吐噶喇(トカラ)列島『宝島』の話

  鹿児島県吐噶喇列島というところにキャプテンキッドが財宝を隠したという言い伝えの残るその名も

記事を読む

Salar de Uyuni by Nico Kaiser, on Flickr ユウニ塩湖さえあればご飯大盛り三杯はイケる

ユウニ塩湖さえあればご飯大盛り三杯はイケる

  甥っ子姪っ子を預かってそろそろ1ヶ月ちょっと。 『妖怪ウォッチ』や『LEGO』などの

記事を読む

ice cream horror by wee lakeo, on Flickr 身の毛もよだたない不思議な『泥犬』の話 ※劇団イヌカレーの中の人とは無関係です。

オカルト?都市伝説?身の毛もよだたない不思議な『泥犬』の話 ※劇団イヌカレーの中の人とは無関係です。

  本日は当サイトゲストSSが見たという不思議な生き物『泥犬』のお話です。 2006_0

記事を読む

Two ownership inscriptions (one from the Augustinian house at Monticiano); unidentified armorial stamp by kladcat, on Flickr 黒猫(キャッシュDNS)の不思議な旅 ※ホビット族と北村一輝は登場しません。

『(キャッシュDNSの擬猫化)黒猫の不思議な旅』※北村一輝とホビット族は登場しません。

  もくじ Two ownership inscriptions (one from the A

記事を読む

宮古島の奇祭『パーントゥ・サトゥプナハ』 Miyako_paantou_Photo by Paipateroma wikipedia パーントゥ

異様な風体の神様の正体

    奇祭における異様な風体の神様について Miyako_paantou_Photo by

記事を読む

"Voynich Manuscript (135)" by 不明 - Beinecke Rare Book & Manuscript Library, Yale University ([1]).. Licensed under パブリック・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ.

スキマ時間にぷちホラーはいかが?ゾワゾワするコワ面白いオカルトネタ5選♪

  "Voynich Manuscript (135)" by 不明 - Beinecke R

記事を読む

『異世界』要素についてgdgd談義 ファンタジーには「ハイ」と「ロー」がある? アイキャッチ画像 illust by ss

『異世界』要素についてのgdgd談義 異世界モノと呼べるのはハイファンタジーだけ?

  最近の小説に欠かせない『異世界』要素について再考してみました。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

  • 創作クラスタ応援し隊のくつきちよこ(崛起智世子)です。 このブログは、「ネット著 作権」、「セルフプロモーション」、「ワードプレス運用」、「電子書籍サービス」、 「自己出版(セルフパブリッシング)」、「創作」等に関する情報をお届けしておりま す。 ※Wiki『創作ステージ@まちペディア』(ちょっと押してますが)作成中です♪
  • follow us in feedly
  • くつキッチュ/スクラップス! on Tumblr

  • 「表現の自由を守る党」自作応援バナー くつきちよこ

  • パソコン工房「CLIP STUDIO PAINT PRO推奨パソコン」エントリーモデル登場