『アホ男子母死亡かるた』に思う企業と個人の著作権

公開日: : 最終更新日:2017/01/05 ニュース, 著作権関係 ,

くつキッチュ!アイコン-copyright-著作権 くつキッチュ!SCRAPス アイコン news!カテゴリへ

アホ男子母死亡かるたに思う企業と個人の著作権 アイキャッチ画像 Photo by Valentina Powers[Flickr]Photo by Valentina Powers[Flickr]

もくじ

最近ニュースでちょくちょく『アホ男子母死亡かるた』を含むタイトルを目にしていたのですが、『アホ男子』というワードの語感からてっきり「またネットで新しいネタの波が来てるのかな?」ぐらいにしか思っておりませんでした。

しかし、あまりにも頻繁に話題にのぼるのでよくよく見てみると…
ん?…アホ男子とか言ってる割になんだかタイトルが深刻な感じ。
アホネタで盛り上がってる空気じゃありません…;

もしかすると『母死亡』あたりでまた不謹慎系の炎上でもしているのかとも思ったのですが…

Twitter発の書籍「アホ男子かるた」発売無期延期 投稿者に無断で企画、出版社が謝罪

…な、なるほど(;・∀・)
これってTwitterコンテンツの著作権の話だったんですね。
著作権関係は興味ある分野だというのに、しばらく気が付きませんでした。

 

『アホ男子母死亡かるた』炎上の経緯

経緯についてはこちらがわかりやすいです↓
Twitterでのコンテンツの利用について – 「アホ男子かるた」の話 –

  1. アホな息子のおもしろ奇抜な行動を一言ネタにしたツイートが#アホ男子母死亡かるたのハッシュタグのもと盛り上がる。
  2. 一年後、投稿者のひとり甘井ネコさんに出版社から書籍化の話がもちあがる。
  3. 甘井ネコさんは「出版社は著作権に関する問題はクリアしている」と出版社から言われたとのこと。
  4. 他の投稿者たちは何も聞いていない。
  5. 炎上
  6. 出版社が微妙に似通ったハッシュタグ#アホ男子かるたを新たにつくりツイートを募集。
  7. もっと炎上
  8. 出版延期、出版社謝罪…イマココ

6.については

ここで新しい投稿をした人たちは、甘井ネコさん以外は新しくつくられたアカウントのようだったらしい。

『アホ男子母死亡かるた』関連ブログ

「アホ男子かるた」出版の件 – スズコ、考える。

このブログの管理人スズコさんは当事者のお一人、というか#アホ男子母死亡かるたのハッシュタグを作った方なので中心人物と言ってよいかと。
ちなみに一番初めの『あ』のネタを投稿されております。

実はこちらでも甘井ネコさんとは別の方向から書籍化の話が進んでいたようで、当初は…

福嶋さんが作ってくれた #アホ男子母死亡かるた まとめ – Togetterまとめ にも投稿されていたなぁと。あぁ、あの投稿してた人が自分のネタをまとめて本にしたんだね、と最初は思いました。

ということで、ご自身のツイートではなく甘井ネコさんのツイートだけをイラスト入りでまとめたものだと思われたようです。

ところが出版される本にはこの方スズコさんを含め、甘井ネコさん以外のツイートも多数使われている様子。
甘井さん本人に問い合わせてみると「出版社から著作権はクリアしていると言われている」との回答。
ということで、先ほどの話とつながります。

この記事の最後の方に

炎上マーケティングぽく本が出版されてしまうことも、これを前例にして同じことが横行してしまうことも、なんか腑に落ちない。

とあります。
(結果的に出版社は謝罪し発売延期になったようですが、このエントリの時点ではまだ発売の流れだったのではないかと思います)

そしてこの言葉の前に…

こちら側の書籍化については息子持ちワーママの夢物語的になっているので、その影響はあまり考えていません。(あくまで私は、ですが)もし本当に書籍化できても印税で儲けるなんてたぶん無理な話だから、金銭的なことも含めて、本を出そうと思ってたのに!という怒りは無いです。

とありましたので、金銭的な損得の怒りというより、純粋に楽しんでいたものを一企業のあまり公正とは言えないやり方で踏みにじられたことに対する気持ち的なもやもやがあったのではないでしょうか。

「アホ男子母死亡かるた」界隈で何やら焦臭いようですが大丈夫でしょうか

我らが隊長も乗っかってらっしゃいました。

この方は昆虫交尾図鑑の件でも言及しておられたようですし、著作権関係に興味をお持ちなんでしょうか?
いえ違いますね…炎上関係に興味をお持ちなんでした。

隊長様記事の(くつき的)一番のポイントは

ちなみに、今回問題となっている書籍を出版する会社の社長さんの名前をGoogleで検索すると妙な結果が帰ってくるんですけど、これは何かやってるんですかね……。

…でした。

 

なぜ続く?出版社のネットコンテンツ絡みの炎上

今回はTwitterでの騒動ということで、関係者のみならず、不特定多数を巻き込んで炎上した為、出版社も(やむなく)謝罪に追い込まれたのだと思います。

株式会社ユーメイド『アホ男子かるた』発売延期のお詫び ※ユーメイドのサイトが「リニューアル中」とのことでリンク切れしております。工事が終わったタイミングでページが消える可能性も考えられます。魚拓取ってませんでした、スミマセン。2014/3/27

しかし、ネットのない時代だったらどうでしょう?

もしかすると何事もなかったかのように、うまいこと出版にこぎつけていた可能性も無くはないです。

アホ男子母死亡かるた昆虫交尾図鑑、いづれの件も炎上序盤で、あからさまに炎上に油を注ぐような斜め上の対処療法を仕掛けてきてます。

これってもしかしてネットのない時代には通用したやり方なのでは?

今は素人目線でも一秒後炎上すると予言できるレベルですが、こういったありえない炎上をしてしまいがちな企業というのはこんな大時代的なやり方で今もなんとかなると考えているのではないでしょうか?

結局は、炎上しまくった後、謝罪、出版停止。
(昆虫交尾図鑑は発行にこぎつけたようですがamazonのレビューは惨憺たるものです)

これまでの準備にかかった経費や、発生してしまったギャラなどが水泡に帰すだけでなく、なにより出版社の信頼自体に深手を負ってしまったのが痛い。

なぜこんな事が続くんでしょうね?

 

ラクしてなにとる?

先ほどとカブリますが「炎上を呼ぶ一部の企業は『個人などどうにでも押さえつけられる』という考えが根底にあるのでは?」とくつき(黒)は思っちゃってます。
いえ、少し前でしたら普通にそれもアリだったかもしれません。
(訴訟)資金に圧倒的な差のある企業対個人ですから、現実問題、個人の訴えなどはどうにでも出来たはずです。
良い悪いは別として…

しかし今は…

こちらは株式会社ユーメイド謝罪文の一部ですが、

弊社といたしましては、事前にTwitter投稿者の皆様に個別に連絡することも検討いたしましたが、Twitterの特性上、個別にご連絡申し上げることが非常に困難であり、現実的でないという判断により、弊社からの個別の連絡を断念した次第です。

個人個人への連絡が難しいというのも分からないでもないですが、例えば『出版を予定しておりますので、ツイート投稿者は名乗りでて下さい』と呼びかける事もできたと思います。
たとえ漏れてしまう方がいたとしても、これをするだけで多少はユーザーの権利に配慮している格好だけでもついたんじゃないかと。

 

Day 220: The Sixth Person at DinnerPhoto by Quinn Dombrowski[Flickr] 

これまでリアルでは隠しきれていたちょっとした事もネットで誰かひとりが発見しただけであっという間に拡散します。

しかもそれはネット上だけでなく、ネットからリアルにも拡散し続けます。

そういった監視の目は行き過ぎるとまた別の問題に発展してしまうので一概に良いこととは断言できないのですが…
ネットのコンテンツに関してだけ言うなら、企業と個人の力の差を計算した上でネット著作物から甘い汁だけ吸おうとする企業が存在する限り、それに対しては多少の抑止力にはなるかと…なんて思ってしまう気持ちもなくはないです正直。

 

というわけで…

結局今のところ企業がネットに落ちてるコンテンツで利益をあげたければ、著作権者への配慮を面倒臭がらず細心の注意を払った方が遠回りなようで近道、むしろ結果的に得を取れるんじゃないかと思ったりします。

企業倫理的な話うんぬんではなく、単純に別にビジネスとして考えた場合でも、炎上リスクは高くつきすぎるんじゃないかと…

Burn bossPhoto by U.S. Fish and Wildlife Service Northeast Region[Flickr]

なんて感じで色々好き放題言っちゃいましたが、くつき自身は著作権的な対応をきちんとしてくださる会社さんとお仕事させていただいたこともありますし、(当たり前ですが…)ネットのコンテンツに興味のある企業、全部が全部こんなではないんですけどね。

でっは~(*´∀`*)ノシ

というか、4500超え文字の長文になってしまいました;
予定ではTwitterでコンテンツを流すことに関しての著作権的見解までのつもりだったのですが、長くなりましたのでそれはまた別の機会に致します。
毎回一旦切りますとか、長過ぎますって結びばかりでスミマセン;;

「三行だ!三行にまとめるッッッッ!」…的なスタンド能力欲しいです…

 

アホ男子母死亡かるた

#アホ男子母死亡かるた まとめ

【あいうえお順】アホ男子死亡母かるた★爆笑ツイートまとめ – NAVER まとめ

個人的には

が好きです。
甥っ子がこれを言うと決まってダンボールので城だのビルだの作らされます;;

こんな騒ぎがなければとても楽しいコンテンツだったのに、残念(><)

2014/03/02追記:こちらの調査不足で、福嶋祐子さんに関して第三者に誤解を与えてしまうような記述をしてしまいました。

大変失礼致しました;;;;;

 

 

記事がお気に召しましたら投票していただけると嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年1月5日:リンク切れURL、経緯のまとめ以外の項目を削除致しました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr

関連記事

8690425092_69bec047e8_z title="Pickpockets by Jake Bellucci, on Flickr"

パクリ被害に遭ったらお世話になる『デジタルミレニアム著作権法(DMCA)』のちょっとアレな話…

創作クラスタの方にはちょっと頭の痛い話かもしれませんが…… 本日はネットに公開した作品

記事を読む

Nyan Cat by Douglas Muth, on Flickr NyanCatにみる国境なきオタクコンテンツのコラボレーション

「気がついたらコラボしていた……だと?」YouTube世界一ィィィの再生回数を誇るオタク動画『NyanCat』

  ota-culture-ヲタカルチャーカテゴリへ Nyan C

記事を読む

【著作権侵害の非親告罪化でディストピア?いいえ、まだまだ段階も希望もあります!(文句ばっかり言ってて反省しました……) イラスト by 佐藤利音 デザイン by くつきちよこ

TPP大幅合意=著作権侵害の非親告罪化でディストピア?いいえ、まだまだ段階も希望もあります!(文句ばっかり言ってて反省しました……)

  イラスト:佐藤利音@310104o デザイン:くつきちよこ 現状、TPP知財条項、著

記事を読む

McDonald's Thai Welcome - Bangkok by MsAnthea, on Flickr

「実在の商品名、店舗名、商標、有名人名は創作に使えるか?」を弁護士ドットコムさんに質問してみました♪

  McDonald's Thai Welcome - Bangkok by MsAnth

記事を読む

Project 365 #15: 150114 X Marks The Spot! Photo by Pete on Flickr Public domain

すわっ!新『 Xファイル』始動!? モルダーとスカリーはいまいくつ?

Project 365 #15: 150114 X Marks The Spot! Phot

記事を読む

小説に実際の商品名、店舗名、人物名は使えるか? くつキッチュスクラップス アイキャッチ画像 はてな標識

実際の商品名、店舗名、人物名は小説などの創作作品に使えるか?

  最近、当サイト創作支援被験者 ⇒ SS が読んだ本に、おもいっきり実在の商品名、作品名、作

記事を読む

引用の要件を理解して安全な運用を This image is copyrighted by Elias Bizannes, on Flickr

他サイトのキャプチャ画像は『無断』で使用可能。ただし引用の要件を理解して安全な利用を。

This image is copyrighted by Elias Bizannes, on

記事を読む

画像のパクリ対策に!無料で出来る著作者情報埋め込み方法3選「電子透かし」「アルファチャンネル」「サイン透過」など

2016-03-23追記:【不具合発生中につき注意喚起追記】あなたの画像をパクリから守る!電子透かし

記事を読む

共感覚を疑似体験?言葉を色に変換してくれるサービス『色色[:iroiro]』使ってみた サイト名で実験してみました♪

共感覚を疑似体験?言葉を色に変換してくれるサービス『色色[:iroiro]』使ってみた

もくじ 言葉をカラーパレットに変換する『色色』を作った。 ということで、共感覚み

記事を読む

ハッシュタグ #blockai で、画像の権利保護? ブロックチェーンを利用した無料タイムスタンプしてみた! BlockaiページのCopyrightProofをクリックすると、証明書が表示されます。

ハッシュタグ( #blockai )で、画像の権利保護? ブロックチェーンを利用した無料タイムスタンプしてみた!

  画像は紅葉の鉢植え写真を、クリスタとフォトショでアニメ風に加工したものです。作くつきち

記事を読む

  • 創作クラスタ応援し隊のくつきちよこ(崛起智世子)です。 このブログは、「ネット著 作権」、「セルフプロモーション」、「ワードプレス運用」、「電子書籍サービス」、 「自己出版(セルフパブリッシング)」、「創作」等に関する情報をお届けしておりま す。 ※Wiki『創作ステージ@まちペディア』(ちょっと押してますが)作成中です♪
  • follow us in feedly
  • くつキッチュ/スクラップス! on Tumblr

  • 「表現の自由を守る党」自作応援バナー くつきちよこ

  • マウスコンピューター/G-Tune